歯のギャラリー

患者さんに選択権を

 

 

 

よしだ歯科医院では、口の中に入れる歯は非常に重要なものだと考えております。

 

従って、患者さんと相談なしに歯を入れることは絶対にしません。右の写真のような人口歯 それぞれもモックを置いており、それぞれの特徴や金額を事前に患者さんにお伝えした上で、処置を行ないます。

 

患者さんが精神面/金銭面で不安になることがない診療を心がけておりますので、ご不明点や不安なことは施術中であってもいつでも聞いてください。

 

 

 

差し歯と入れ歯のメニュー

 

  白い差し歯
  保険適用外
  ハイクオリティーTYPE   スタンダードTYPE   レギュラーTYPE
     
  通常金属で補強するコーピング(内側)部分を強化セラミックで製作し、さらにその上にセラミックを構盛し製作します。金属を一切使わないのでより自然な色調が再現できます。また、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ちます。  

通常の保証のきかない差し歯がこれに当たり、色調、形態ともに優れています。

唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。内側を強固な金属で補強しますのでブリッジなどに最適です。

 

セラミックとプラスチックの掛け合わせた素材で製作します。

色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。

症例により金属で補強する場合があります。

 

 

  白い差し歯      金属の差し歯
  保険適用    保険適用外    保険適用
  前装冠   金歯   銀歯
     
 

プラスチックの差し歯です。

永年使用していると、唾液を吸収し、変色したり、擦り減ってしまうことがあります。

また、奥歯については、補強する金属を使用することができません。

 

ゴールドで製作します。

フィット(適合)にすぐれ天然歯と近い硬さで、対合歯(噛み合う歯)を痛めません。

生体親和性に優れていますので体に優しく、また歯茎との境目も黒くなりにくいのが特徴です。噛む力の強い奥歯の使用に最適です。

 

通常の銀歯です。

噛む機能には問題ありませんが、永年の使用で、黒く変色してくることがあります。また、アレルギー反応をおこすこともあります。

 

 

 

  白いイントレー   金属のイントレー
  保険適用外   保険適用
 

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック)

  ゴールド   パラジウム合金
     
 

セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で製作しますので、色調、強度ともに優れています。

インレーに最適の素材です。

 

ゴールドで製作します。

適合性に優れていますので葉との境目からの2次カリエス(虫歯)になりにくいのが特徴です。

奥歯の使用に最適です。

 

通常の銀歯です。

噛む機能には問題ありませんが歯茎が黒ずむことがあります。

また、アレルギー反応を興すこともあります。

 

 

 

  コア  
  保険適用外    保険適用
  ハイクオリティーTYPE(グラスファイバー)   スタンダードTYPE(金属)
   
 
  グラスファイバーを用いることにより、強度的にも安心できて歯茎の変色や金属アレルギーなどの心配がありません。  

金属を使用する従来の方法です。

金属の土台は、硬く強いため、歯がしなることができず歯根が折れてしまうことがあります。